読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーナのビジネス書 れびゅ~

マルチ商法に勧誘され、危うく引っ掛かりそうになったことから、ビジネス書などにハマる。というわけで、主にビジネス書を解説!*ネタバレ少しあり

一昔前に流行りましたコレ ~チーズはどこへ消えた?~

15年くらい前だったと思うのですが、

ちょっとしたブームになってた記憶があります。

 

『スペンサー・ジョンソン著 チーズはどこへ消えた?

 

f:id:matoryona:20170416213807j:plain

 

まずね、この本を手に取って思ったこと。

 

薄っすい!!!!!

 

そう。この本、1.5㎝くらいしか厚さがない。

ゆえに、30分もあれば読み切ってしまう。

 

あと、薄い分自己啓発本にしてはすごく安い。1,000円でおつり来ちゃう。

 

私が買ったときは、大谷翔平くんのおすすめ本として帯が付いていました。

帯どっかに行っちゃったけど。←

 

 

登場人物は2匹のネズミと2人の小人。

 

迷路の中を歩き回って、食料であるチーズを求める2匹と2人が

どういう行動を取るのかという話。

 

ざっくりいうと、

ネズミ2匹は、チーズを食べ切ると次のチーズを探してまた迷路を歩き回る。

小人2人はチーズを食べ切ってなくなっても、そこにまたチーズが現れると思ってその場を動かない。

 

この2匹と2人を見て、あなたはどの登場人物に近いですか?

この中で、どの登場人物になりたいですか?

 

と説いてるわけです。

 

 

 

なんでネズミなのか?と思うのですが、私の憶測だと多分、

 

ロバキヨ氏の金持ち父さんシリーズで、

給料をもらって働いている状態をラットレースと呼んでるところとリンクしてると思います。

 

不労所得だけで生きていけるようになった人のことを

ラットレースを抜けたと表現しているので、

 

ネズミさんたちはいいイメージの象徴なのかと。

 

 

薄い分内容がギュッと凝縮されていて、非常にわかりやすい。

物語形式なので尚更。

 

要は、

見込みの無いものにすがっていても何の意味もないですよ

という話。

 

ごもっともです。

恋愛なんか特にそうですね。笑

 

みんなネズミさんたちのような思考を持てば、

人生悩みなんて切り抜けられるんだなと。

 

 

ラットレースを抜けること(不労所得で生きていくこと)が

本当に幸せかどうかは置いといてですが・・・・

 

思い留まるな、考えて行動しろ。

 

ですな。

 

Don't think , feel みたいに英語で言いたかったけど、

よくわかんないからやめとこ。笑

 

速攻で読めるから、初めて自己啓発本とか読む人におすすめかも。

なんてったって、安いし。

 

以上です!