読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーナのビジネス書 れびゅ~

マルチ商法に勧誘され、危うく引っ掛かりそうになったことから、ビジネス書などにハマる。というわけで、主にビジネス書を解説!*ネタバレ少しあり

金持ち父さんシリーズ読み終わったら勧められる ~地道力~

金持ち父さんシリーズからリッチウーマンまで

 

読み終わったら勧めてくる本がこちら。

 

『國分 利治著   地道力』

 

f:id:matoryona:20170414223202j:plain

 

金持ち父さんの毒々しい色の表紙から解放されて、すっきりシンプルな表紙。

 

美容室 Earthの創始者である國分氏のサクセスストーリー的なこの本。

國分氏がどんな苦労と努力をしたか、

上京から立ち上げ、そして今に至るまでどんな考え方だったのか

 

といった内容。

 

私は正直、この本を読んだ感想はう~~ん・・・・・でした。

 

なぜかというと、

各所各所でがむしゃらに努力したと書かれているんですけど、

こう書くと、凡人は

「よっしゃ!ひたすら苦労しときゃ成功できるぜ!!」

 

と思いがちだと思うんです。

 

多分、國分氏はセンスがあるんだと思います。見抜くセンスね。

 

どこに向かえばいいか、どういった努力をすればいいのか、

感覚でわかるんだと思います。

 

 

例えば2人のピアニストがいたとします。

 

2人とも毎日6時間の練習をしています。

1人は6時間ひたすら指の反復練習のみ。

もう1人は指の練習は1時間、あとの5時間は音楽的な要素を高めるための練習。

 

2人ともかける時間は毎日同じです。

 

でも、完成度やレベルまるで違うものになってきます。

 

そういうことです。

ん?例えが分かりにくい???

 

 

簡潔に言うと、このがむしゃらな努力というのは

 

がむしゃらに(正しい)努力(だけをひたすら)した。

 

ってことに他ならないのです。

 

 

なので、元の努力の質が違いマースと私は言いたいのです。

 

 

別にひがんでるんじゃありません。

 

やっぱり、効率よく努力しないとね。時間無駄よね。

 

 

と思わせてくれる、いい本だと思います。

 

 

 

 

ちなみに、

この本を読んでマルチの女たちに言われたのは、こんなこと。

 

「私たちのしていることも、ひたすら努力して地道に努力していくことが成功の秘訣だよ!」

 

うん?タイトルまんまじゃない??お前、本当にこの本読んだの???

と言いたくなるような感じ。

 

 

あとは、

 

「國分さんみたいに、真っ暗闇の中にある1点だけの光に向かって、こっちに来いっていう師匠の声の方向に向かって、目をつぶって走っていくような感じだよ!」

 

 

 

 

…………ほぅ。

 

 

いやいやいや!!!!!!!

 

違うから!!!

 

絶対にそういう意味じゃないからこの本は!!!!!!!

 

 

あ、これ、さっきの言葉を言われたとき私が言った言葉ね。リアルにね。

 

思い返せば、あいつら、私が騙されないって見抜けなかったんだな。

 

 

 

とりあえず、努力するってマインドは持てるかと、私は思います。

 

以上です!