マトリョーナのビジネス書 れびゅ~

マルチ商法に勧誘され、危うく引っ掛かりそうになったことから、ビジネス書などにハマる。というわけで、主にビジネス書を解説!*ネタバレ少しあり

マルチ商法のバイブル その1 ~金持ち父さん 貧乏父さん~

私が奇しくもビジネス書を読むのにハマったきっかけであるのが

 

ロバート・キヨサキ氏の 『貧乏父さん 金持ち父さん』

 

である。

マルチに勧誘されてた時、一番最初に勧められたのがこの本でした。

 

f:id:matoryona:20170409205839j:plain

 

この本、マルチの人たちのバイブル的な本なんです。

 

内容的には、

いかに資産を増やし、不労所得を手に入れるか

不労所得による生活はいかにいいものか

を説く本です。

 

 

自身の父(貧乏父さん)と友人の父(金持ち父さん)という二人のわかりやすい人物をベースに物語は進んでいきます。

 

なんか調べたら、この本の登場人物であるこの二人、

実在しないんじゃないか疑惑が出ています。

 

ロバキヨが販売するボードゲーム※を売るための単なる宣伝本だった、という説もあるようです。

 

キャッシュフローゲームという不労所得が給料を超えたら勝ちってゲーム。本の中にも何回も登場します。

 

 

真偽の方はさておき、

とりあえず、この本、文章が長い。

まあね、翻訳だから日本人には読みにくい感じの文章になるのは致し方無いんだけどね。

 

そこが最初に感じたところでした。

 

そんで、読んでいくうちに毎日会社に行って働いているのがアホくさくなってきます。

 

それがマルチ勧誘するには好都合なところなんでしょうな。

 

 

働かなくても給料が手に入って、自分は好きなことし放題、買い放題、食べ放題…

ああ、まるで夢の生活!そんな生活できるようになりたくない??

 

っつってな。

自発的にやってみたいというように仕向ける訳ですわ。

 

自分からやりたいって言っちゃうんだから、勧誘じゃないですもんねぇ??

 

 

別にロバキヨさんがマルチ商法をしているわけではありません。

ただこの本では、ネットワークビジネスを勧めてはいます。

 

でも、金持ちの人の発想や思考など凡人の私にはないものでした。

 

そんな考え方、あるんだね~と。

終始ほへ~( ゚Д゚)ってしか言ってなかったような。

 

そこのところは面白かったです。

 

その自分にない考えに触れることが面白くて、ビジネス書にハマったわけです。

 

 

あ、ほんでね、この本を勧めてくる人がいたら、

完全にマルチハマっちゃってますお疲れさまでした。

 

ってくらい定番の手法らしいです。ええ、真っ黒ですよ。

 

ググってみると、予測検索1番目に❝金持ち父さん マルチ❞

って出てきちゃうからね。

 

皆さん、お気をつけあれ。